可愛い見た目に騙されずアライグマ駆除|知らなきゃ損する業者事情

作業者

相談をして対策する

ワーカー

羽アリが飛び立った後にもシロアリは残る

北海道の一部を除いた日本の各地にシロアリの一種であるヤマトシロアリが生息しています。シロアリといえば大切な家の敵です。シロアリに被害にあった住宅の約70%はヤマトシロアリによるものといわれています。被害の早期発見に繋がるように、ヤマトシロアリについてこれから述べていきます。彼らはエサを求めて群れを作りながら食害していきます。一つの群れには数千から数万のヤマトシロアリがいます。4〜5月の午前中から午後にかけてヤマトシロアリの一部が羽アリとなって飛び立ちます。数百の羽アリが集団となって飛び立ちます。羽アリの羽の色は黒っぽい色をしている為、他のシロアリと見分けることができます。羽アリは他の場所で食害を続けながら仲間を増やしていきます。元の巣には残った数千のヤマトシロアリが次に飛び立つシロアリを育てています。

ヤマトシロアリの被害を見つける方法

ヤマトシロアリは木材だけでなく発泡スチロールや農作物等を食べる雑食性の昆虫です。住宅の台所やお風呂、洗面所等に被害が多く見られます。暗くて湿気が多く、風通しが悪い所を好みます。他のシロアリと比べて食害のスピードが遅いといわれていますが、放置していると被害は拡大していく一方になります。ヤマトシロアリは蟻道というアリの通り道を作ります。住宅の周囲でこの蟻道や黒っぽい色をした羽アリを見た場合は、シロアリ被害を受けている可能性が高い為急いで駆除をする必要があります。床がフカフカする、ドアが閉まりにくい、お風呂や洗面所にある木材が傷んでいる等もシロアリ被害を疑うポイントです。見つけたヤマトシロアリだけを駆除しても、建物の床下等にはたくさんの仲間がいます。被害を拡大させないためには徹底的な駆除が必要です。被害に気付いたら早急に駆除対策をとる必要があります。シロアリ駆除の業者に相談することをお勧めします。